月の風船

娘の洋服を中心にハンドメイドの記録をのせてます。時々、ゲームやドール服関連も載せています。

潜在看護師について思うこと

今朝、スッキリを見ていたら潜在看護師の特集が組まれていました。
ちょっと1日モヤモヤしたので色々書いてみようと思います。

潜在看護師とは?

看護師の資格を持っていながら看護師として働いていない人を示すそうです。現在、70万人程度いるらしいです。
コロナが始まる前より課題とされてきていますが、改善に至らず、コロナ禍の現在も悪化しているとか。

特集では、何故復職が難しいのか、復帰した人のインタビューなどが取り上げられていました。

…ここでモヤモヤポイント①
潜在看護師という呼び方。別に資格とってみたけど、合わないと思って別の進路を選んだだけでそんな名称いる??
他にも潜在薬剤師、潜在介護士、潜在弁護士とかそんな名称つけられる資格職があるでしょうか….。
国家資格でありながら離職率が高いからでしょうか?

…モヤモヤポイント②
「潜在看護師」という対象がこれから非難される的にならないだろうか?
昨今、日本では自分の正義は絶対でいかなる攻撃をしても良いと思っている人が増えているので心配です。

「資格持っているのに働かないの?」と聞かれたり、責められる人が出ないだろうか…。
また、自責感におわれる人も出てくるのではないかと。

もちろん、復職できる人はしたほうが助かるのでしょう。
それを決めるのは働く本人だけです。

何故離職率が高いのか?

私が思い付く限りでも色々あります。
日本はまだまだ大黒柱は男性…育児は女性が…という社会だと思うのです。
女性がライフイベントに伴って離職する率って他の職場でもあまり変わらないのではないかと思います。

それに加え、待遇の悪さ、心身への負担、トラウマ、人間関係の複雑さ、専門性などがハードルをあげているのでしょう。
難しいことは専門家や上層部に任せます。
ここからは私目線での辞めたかったポイントをあげます。

実習の時点で既に辞めたかった

えっ!と思われるかもですが看護実習って辛いのですよ。
記録はほとんど手書き、容赦ないダメ出しと締め切り、徹夜は当たり前、朝は早く起きて担当患者さんの情報収集と行動計画を立てる。

看護師同士と看護師と学生の間には大きな隔たりがあります。
人員不足と言われているなか学生指導も看護師はこなします。めっちゃ忙しいんです。その雰囲気がとても怖く見えるものなんです。話しかけないと実習は進まないが、タイミングがめちゃ難しい。
まじでここで働くのかと思うとね…。

でも、資格を取らないと奨学金返済しか残らないので、求人誌の時給の欄を眺め、踏ん張りました。
(一応、院内では学生指導のための委員会があり、指導法や学生の声をいかすために検討したり色々しています。)

夜勤で体調不良

私は夜勤はできたのですが、昼夜逆転の生活が無理だったようです。アトピーを発症しました。未だに治りません…。
日勤のみの勤務に変えてもらいましたが、手当てがなくなると数万単位でお給料が下がるので辛いところ…。
ついでにいうと、残業の申請は師長を通す制度でなかなか認められないのでほぼサービス残業です!

トラウマ

重症患者さんを見ているときは数々の忘れられない場面があります。
観察で腹部をみたら手術部位から大出血しててガーゼで圧迫止血。手袋越しの血液の体温は忘れられません。

人手不足スパイラル

理由は様々ですが、新しく人が入ってもどんどん辞めていく時期がありました。
人がいないのに、新しく教えるのって負担が大きいのです…。自立するまでのパワーバランスを考えて勤務を組んでいくのですが、教える人が少なくてどうやっても負担を均等にできず、教える立場の人も限界で辞めていかれて負のスパイラルが止まらず。上層部に訴えるも、入職希望者も異動希望者もおらず、他の部署からお手伝いを派遣してもらうも、教えるのが…以下略。

奨学金返済

多くの看護系の学校では系列病院で指定年数働く、もしくは天引きスタイルの奨学金があります。(指定年数前に辞める場合は一括払い)その年数を超えると同期は半分ほどいなくなります。
私はお給料、ボーナスを貯めこんでいつ一括払いで辞めてもいいように準備していました。
育英会の奨学金(2040年近くまで払う予定だった)もあったので、そちらも完済したら辞める予定でした。

しかし、不思議なもので、いつでも辞められる状況になったら気が楽になり、まだ働いています。
まぁ、結婚、出産などで辞めるタイミングを逃したのもあります。

ちなみに保育園が受かれば4月から復帰します。
コロナの時期の復帰は悩みどころですが…。
身につけた技術を失いたくない、慣れない育児との両立するなら少しでも勝手がわかる今の病院がいいという思いがあります。

個人でもこれだけ色々辞めたいポイントがあるので、無理強いや罪悪感を煽るようなことは避けていただきたいなと思います。